- c02


喜多見5丁目宝寿院近く
香取家に
たぬきが出没!


(写真は香取さん提供)

『ポンポコ新聞』
第11号より(2002.10)

 私達の会の名前が「ポンポコ」になったのは、野川でタヌキを見た
 という話を聞いたから。なかなか会えずにいましたが、編集部に
 「家に毎日タヌキが来ます」と電話が入り、念願のタヌキに会うことが
 できました!

  玄関前にケモノが・・
 7月のとある夜、香取明美さんが帰宅したところ、玄関前にネコともイヌ
 とも違うケモノがいるのを発見。よく見ると、なんとそれはタヌキでした。
 どうやら庭に置いてあるネコ用の餌を失敬しに来たようなのです。
 母1匹と子ダヌキ3匹は、毎晩どこからともなくやってきて、朝になると
 どこへともなく出掛けて行くようになりました。

  神戸屋のパン
 このタヌキたち、食パンも結構好きなようです。でもなぜか近所の人が
 持って来てくれる神戸屋のパンしか食べません。

  子ダヌキの病気
 8月、子ダヌキ1匹が病気になり、昼間のお出掛けに連れて行ってもらえ
 ず香取さんの家で留守番するようになりました。すると、弱った子ダヌキ
 を狙って沢山のカラスが集まるようになってしまいました。香取家では
 子ダヌキを守るため、カサをかぶせてやったり、棒でカラスを追い払った
 り。見るに見かねた頼子さんが、タオルをかぶせて何とか捕まえ、川崎市
 にあるという野生動物を治療してくれる獣医さんのところへ連れて行くこと
 にしました。皮膚病だったそうで、もらった薬を毎日餌に混ぜてやったとこ
 ろ、2週間ほどですっかり元気になり、また家族で出掛けられるようになり
 ました。

  その後
 9月半ばくらいまでは毎日来ていたようです。その後も夜、時々庭で物音
 がするので、もしかしたらまだやってきているのかもしれません。

 余談ですが、改めてお話を伺いに行った日、頼子さん(81才)は何と柿の
 木の上!毎年秋に柿の木に登って実を取るのが頼子さんの役目だとか。
 応対してくれた英子さんと娘の明美さんは「こっちの方がニュースになり
 そうよねえ」とみんなで大笑いしました。こんな楽しいお宅だからタヌキが
 通いたくなってしまったのかもしれませんね。



やっぱり喜多見の町に
よく似合う「タヌキ情報」

歩道を走るタヌキさん

犬小屋に入ったタヌキさん
ちょこっと出ているのが
タヌキのお尻

『ポンポコ新聞』
第20号より(2005.2)

 2005年1月8日、喜多見4丁目で「タヌキ!タヌキ!」と声をあげる親子に
 出くわしました。タヌキの後をず~っと追いかけて行ってみると、林の中
 を抜け、道路を渡り、歩道を走り、また道路を渡って、ある家の犬小屋へ
 入り、何かを食べ始めました。犬小屋の上にはネコが「いつものことよ」
 という感じで驚く様子もなく平然としています。その家の雰囲気は、以前
 タヌキに会った時の家の雰囲気とどことなく似ていて、心優しい人が住ん
 でいるんだろうなあと思わせるような家でした。

 追いかけて行く途中、タヌキは何度も車の前に飛び出して車に轢かれ
 そうになりました。実は最近、喜多見で交通事故に遭ったタヌキの話を
 よく聞きます。彼らもお年寄りや子どもと同じ交通弱者と考えれば、車は
 住宅地では速度を落として走るのが正解ですよね。

 タヌキの行動を見ていると、ひょっとしたら、タヌキが暮らしやすい町は
 人も暮らしやすい町なのかもしれないとしみじみ思いました。

 

遠くから静かに見守りましょう
「野川のタヌキ」


喜多見ポンポコ会議の
「ポンポコ」は
野川のタヌキから付けました

『ポンポコ新聞』
第63号より(2016.5)
 
 最近また野川で目撃情報を聞くようになりました。

 でもなぜか「かわいそう」という声をよく聞きます。元気が無さそうに
 見えてもタヌキは夜行性なので昼間はウトウトしているだけかもしれ
 ません。水辺も好きで泳ぐこともでき、魚もカエルも昆虫も食べます。
 きっと居心地がいいから、そこにいるのです。親が居なくて子ども
 だけでも、ある程度成長していれば外敵に襲われる心配もありま
 せん。

 タヌキのためには今の環境を維持してあげることが一番大切です。

 




Copyright (C) 2000-2016 Kitami Ponpoko Kaigi All Rights Reserved.