- c04


野川は鳥で大にぎわい


カワセミ

『ポンポコ新聞』
第15号より(2003.10)

 野川は、知る人ゾ知る鳥たちの宝庫。特に11月から3月にかけて、
 大陸から渡って来る鳥、山から降りて来る鳥でにぎわいます。
 鳥たちは野川を、
 ①魚・水生昆虫・水生植物・水辺の草の実などのエサをとる
 ②水を飲む
 ③休憩する
 ④巣をつくる場所  として利用しています。
 そんな鳥たちを見守り続けている皆さんにお話を伺いました。

  約80種類
 成城4丁目の大山学さんは、10年ほど前に越してきてカワセミをひと目
 見てから鳥たちの虜になりました。「冬の間、川沿いの桜ではコゲラが
 木を叩いていますし、オオタカも2~3日に一度は見ます。今年は
 サンコウチョウを見たという方がいました。これまでに約80種類が
 目撃されています」

  V字飛行
 喜多見6丁目の永井和夫さんは喜多見で生まれ育ちました。
 「11月初旬から中旬、東名高速から小田急線の間で日の出前の
 わずかな時間に20~40羽のコサギやゴイサギ、時にはカワウが、
 V字形を作って上流の方向へ飛んでいきます」

  カワセミが来ない
 喜多見7丁目の田村弘美さんは雁追橋近くで印刷会社を営んでいます。
 「以前、中野田橋の近くに桑の木があって、春になるとカワセミが子育て
 に来ていましたが、その木が無くなってから全く来なくなってしまい残念です」

  相談しながら管理していきます
 世田谷区砧土木管理事務所の白勢さんに聞くと、
 「ご指摘の木は護岸から生えていてそのまま放置すると護岸が崩れる
 恐れがあったので、当時、野川流域連絡会と相談し伐採しました。
 皆さんに大切にされている川ですから、今後も皆さんと相談しながら
 管理していきます」とのことでした。

 写真はアルバさん提供
 http://homepage3.nifty.com/alba/



我が家にも作ってほしい
と羨望の的
「ツバメの巣」


ツバメの親子
(写真提供:大黒さん)

『ポンポコ新聞』
第29号より(2007.9)

 喜多見中部町会の集まりで、東海林さん宅にツバメが巣を作ったことが
 話題になり「我が家にも作ってほしいなあ」とみんなの羨望の的になりました。

 東海林さん宅は喜多見7丁目の住宅地の中にあります。近所の関根さん宅
 では数年前から毎年巣が作られていて、東海林さん宅と向かいの大黒さん
 宅でも今年初めてツバメが巣作りをしました。5月中旬、ツバメがいるなと
 思ったら3日ほどで巣ができ、メスが巣の中にいる間は近くの電線からオス
 が見張り番。6月から7月上旬の子育て中は、ゴミ集積所にカラスが来ると
 親鳥達が攻撃するので、ゴミが荒らされることも無かったとか。
 糞の始末は少々手間ですが、ほんの1ヶ月程度のこと。「また来年も来て
 ほしい」と楽しみにされていました。暖かい人達に見守られ、子ども達が
 走り回り、近くに空き地があり、野川にも近く、遠くに成城三丁目緑地の緑が
 見える、という環境が気に入られたのかもしれませんね。



  喜多見のツバメ
 せたがやトラスト協会が2000年に行なったツバメ調査によると、世田谷区の
 他の地域の巣は一桁台がほとんどなのに、喜多見は34個でダントツの1位
 です。喜多見に多い訳は、周辺に野川や多摩川があってエサを探しやすい
 から。そして喜多見の人たちが優しいからなんでしょうね。
 『ポンポコ新聞』第10号より



  補足情報
 ツバメは、農作物の生育上一番大切な時季に渡ってきて、大量に発生する
 ガ、ウンカ、ユスリカ、シロアリなど人間や作物に害を与える昆虫を1日に
 数百匹捕って食べています。人間の近くに巣を作り、その回りの農耕地の
 害虫を飛びながら捕ってくれるツバメは、益鳥の代表として大切にされて
 きました。全国に「ツバメが巣をかける家は縁起が良い」「ツバメが巣をかける
 家は病人が出ない」「ツバメの巣が多いほど繁盛する」といった言い伝えが
 あります。

 参考資料:
 日本鳥類保護連盟『野生鳥類の保護』、
 あすなろう書房『ツバメのなかまたち』

 

ツバメに選ばれた
喜多見商店街
「エ!ツバメ通りですか」


野川で巣材を集める
ツバメの夫婦

『ポンポコ新聞』
第43号より(2011.4)
 
 よく飛び交うツバメを観察していましたら、ある店主さんが、
 「この通りはツバメ通りだよ」と云われました。

 10年程前の旧名(財)せたがやトラスト協会が調査したツバメの営巣記録を
 見ますと、12箇所ほどの巣がありました。ここ最近は商店街からツバメの姿が
 消えてしまった所もある中、喜多見商店街は15箇所ほどに増えています。

 ツバメは人間と共存している野鳥ですので、ツバメの営巣状況から街の様子
 を知ることも出来ます。ここの商店街は、巣材を作る材料が近くを流れる
 野川にあることや、巣に受け台を作って温かく見守ってくれる店主の方々や、
 マンションにお住まいの方々に見守られての街であることを感じました。

 ツバメの子は巣立ちしますと、二番子の子育てのために巣には戻れず、
 集団でねぐらを形成します。鎌田二丁目先の多摩川にあるヨシ原もその
 一つです。ここのヨシ原も減少しつつありますが、これからも野川共々
 豊かな自然を大切にしたいですね。

  (写真・文ともに原田さん提供)

 

野川の野鳥


増えている鳥の代表
水辺の宝石「カワセミ」

『ポンポコ新聞』
第62号より(2016.2)
 
 世田谷トラストまちづくりの野鳥ボランティアは1991年の発足以来、
 定期的に野鳥の調査を行っています。代表の原田欣典さんに聞きました。

 野川について、この24年間で減った鳥はカルガモ、その他の冬ガモ、
 キジバト、ゴイサギ、ダイサギなどと、夏の繁殖期に見られるツバメ、
 イワツバメ。カルガモは10年前と比べると半分以下です。
 逆に増えた鳥は、アオサギ、ムクドリ、カワセミ、コチドリなどです。
 増えている鳥の代表はカワセミで、よく見られるのは大正橋・神明橋前後。
 コチドリは3~9月と、かなり長期間見られ、最近は繁殖も観察されて
 雛の姿もよく見られます。見られる場所は雁追橋下流です。

 




Copyright (C) 2000-2016 Kitami Ponpoko Kaigi All Rights Reserved.