- g07


台湾家庭小皿料理・居酒屋
「りゅう家(りゅうが)」


世田谷区喜多見7-14-31
営業17:00~22:00

『ポンポコ新聞』
第67号より(2017.10)

 野川の中野田橋から住宅街に少し入ったところに
 台湾料理屋があると聞き、行ってみました。

 異国的な赤と黄色の提灯のもと店主の城田佳子さんが
 迎えてくれました。佳子さんは台湾出身。
 川崎の台湾料理屋で店長を務めたのち、自宅近くの
 民家を改装して2016年5月に開店しました。

 お勧めは、煎包(チャンパオ)餃子、自家製大根餅揚げ、
 ピータン豆腐、干し大根の卵焼き、青パパイヤサラダなど。
 大根餅揚げは具材も工程も多く、仕上げるのに約2時間
 かかるそうです。ダシが効いていてお酒のつまみにぴったり。
 青パパイヤは熟したフルーツのパパイヤとはひと味違う
 さっぱりした野菜としてのパパイヤ、喜多見1丁目の
 石井さんの畑で作られたものです。ピータンは中国のものより
 癖がなく毎回必ず注文する人もいるそうです。

 「添加物や保存料を使わずに、素材の味を大事にしています。
 台湾と日本の文化を融合したお料理を作ろうと思っています」
 とのこと。

 

地元産ホップでビールを醸造
「籠屋 秋元商店」


狛江市駒井町3-34-3
電話03-3480-8931
http://www.houzan.com/

『ポンポコ新聞』
第68号より(2018.3)

 
 砧浄水場からガソリンスタンドの前を和泉多摩川方向へ進むと、
 セブン-イレブンの手前に、話題の酒屋があります。

 籠屋(かごや)は、明治35年に籠屋商店としてこの地に創業。
 屋号は創業当初、裏で竹細工の籠を作り、表の店で売っていた
 ことからきています。

 2階に日本酒、1階に焼酎、ワイン、果実酒を中心に並べ、
 「日本全国には小さいながらも一生懸命酒造りをしている
 蔵元が沢山あり、その造り手の情熱やこだわりが詰まった
 最高のお酒を届けたい」と若い方々が頑張っています。

 2012年には狛江特産の枝豆を使った発泡酒でも話題になりまし
 たが、この時は市外のメーカーに醸造を委託しました。そこで、
 より本格的なものづくりをしたいと2017年10月、発泡酒製造免許
 を取得、店舗横に新設した醸造所で 11月から狛江市内産等の
 ホップを使ってビールの仕込みを開始、同時期にレストラン
 「籠屋たすく」も新設しました。

 お酒の入荷状況やイベント情報はウェブをご覧ください。

 
 2階の日本酒売り場(店内左手階段を上る)と店舗横の醸造所

 




Copyright (C) Kitami Ponpoko Kaigi All Rights Reserved.