経過報告

 野川で洪水対策として河床整備工事が行われています。東京都は、
 2011年度の工事から、スライドダウンという工法に変更しました。
 スライドダウンは、必要最低限は掘り下げるけれども、景観上も生物の
 生息環境上も良好な元の野川の状態に早く戻るようにしましょうという
 工法です。その後の経過を報告します。
 
従来の工法から「多自然川づくり」へ

【 現在の工法 】

【 落差工 】

【 従来の工法 】
 
現場材料で水際に寄石
・寄土、左右から地下水
が出ています

 
高水敷を下げることで
河床掘削は少なく、護岸
の根入れも浅くなりました

 
玉石を鎖でつなげたもの
を落差工の上流側に
並べます


 
出来上がりは河岸の
勾配がきつく、水辺に
近づきにくくなりました


高水敷(川原)の高さは
工事前と同じですが河床
を深く掘り下げました


野川自身の自然の営み
で復元し水生生物も
早く回復しました



護岸には雑割石を積み、
平場には自然石をはめ
ています


上流側は連結玉石、
下流側には護床ブロック
が入っています


現在は草も生えました
が、川が自然に動けず
直線的です

 

 護岸はコンクリートブロック、
土盛り、ブロックマット、
さらに土盛りしました


上流側                                                 下流側
 

( アボヘボやニワトコについては、こちら

工事状況と課題

2011年度

大正橋上流~
茶屋道橋下流
   

 当初、喜多見大橋までの予定でしたが、水道橋あたりの処理や、前年度
 部分とのすりつけ(落差工)に費用がかかるため、茶屋道橋までも行かない
 ことになりました。高水敷(河原)については、工事後に草が生えて元の
 景観に戻りやすいように玉石張り、護岸の角は丸く仕上げてあります。
 
 
2012年度

茶屋道橋下流~
喜多見大橋上流
 
 ポンポコが野川ガサガサで出入りしている近く、
 喜多見大橋の上流まで整備されました。工事中の
 排水により一旦壊れた水道橋~茶屋道橋の河床は
 工事後、再びスライドダウンに仕上げ直されました。
 
 
1303 仕上げ直し
 
2013年度

喜多見大橋上流
~中野田橋上流

 ポンポコの野川ガサガサ中心地での工事です。新たに階段が設置され、
 工事中も工事後も両岸から地下水が出ているのがよく見えました。ただ、
 上流から流されてきた礫が整備済み区間に堆積し、工事排水により下流側
 は工事後も水路のようになってしまいました。さらに礫で堰き止められた
 上流側はプール状態が数ヵ月続き、水が引いた後は悪臭も発生しました。


1404 両岸から地下水


1404 喜多見大橋上流
礫が流れを堰き止める



1404 喜多見大橋前後
水路のようになる



1406 喜多見大橋上流
水がたまりプール状態

 
 悪臭については、この後の整備区間でも同様に発生してしまいました。
 東京都は現在、この問題について課題検証中です。(2016.11.30)
 以下に状況を整理しました。

 河床形状と悪臭
 
2013年度

喜多見大橋上流
~中野田橋上流


1405 悪臭位置2ヵ所
 
 

1605 階段下が特に臭い
 

1605 アップで

 2014年12月 流れをよく
 するため左岸側に水路
 を掘ってもらったり、
 2015年8月 水質浄化に
 とセキショウ移植もしま
 したが、渇水期になると
 また悪臭がしていまい
 ました。

 
2014年度

中野田橋上流
~雁追橋上流
 

1503 悪臭位置
 

1505 場所は民家近く
 

1505 アップで

 -
 
2015年度

雁追橋上流
~中之橋上流

 
1608 悪臭位置
 

1608 苦情により洗浄
 

1608 洗浄後も悪臭

 -
課題解決に向けて 

 2017年度
 
 2017年6月20日、野川沿いの喜多見中部町会・喜多見西部町会・ポンポコ
 の三者連名で、東京都河川部・第二建設事務所・世田谷区土木部あてに
 上記3カ所についての要望書を提出しました。(要望書 PDF

 要望事項
     ・ 堆積した土砂の固定化を早急に解消すること
     ・ 自然な水際を早急に復元すること

その他

野川の多自然
川づくりを考える
連絡会

 世田谷区内の野川で活動する、喜多見ポンポコ会議、野川とハケの森の会、
 せたがや野川の会、野鳥ボランティアの4団体と個人で構成しています。
 連絡会では、外来植物除去、工事区間から在来植物移植なども行っています。

  連絡会ブログ(URL

ワークショップの内容はこちら
 


 





Copyright (C) 2000-2016 Kitami Ponpoko Kaigi All Rights Reserved.